THEAT Z1 だと!?|ProのGoogle ストリートビュー機材としてどう?
THEAT Z1 だと!?|ProのGoogle ストリートビュー機材としてどう?
THEAT Z1 だと!?|ProのGoogle ストリートビュー機材としてどう?

Googleアシスタントを開いてみると、リコーさんのシータに新モデルが出るようですね。
その名も。。。RECOH THETA Z1

お・・・
これまた、お高いですね。

毎回、ちょっと焦ってしまう簡易な360°カメラのニュース。

利便性と申しますか、ハッチング処理(写真の前と後ろを繋いた時のズレ)は、リコーさんは良いと思います。
素人が遊びで持つには、一線を越えた価格になっている気がしますね。

基本スペックを読む限り「セミ・プロ」が楽しめる機能が増えた気がいたします。

特に、RAWであったり、360°ライブストリーミング機能であったりです。
詳しくは、ウェブサイトをご確認頂ければと。

そして、綺麗なGoogleストリートビューをお届けしたい間では、前々から言われ続けている(仲間内でも言っている)
綺麗な高精細全天球360°パノラマ写真が撮れるのは何時の日になるのか!?

振り返ると、今のRICOH THETA Vというモデルが出た時には、
お客様からも綺麗(なハズ)なので、デジイチ不要論を頂いた方もいるようです。

都度々、思うのですが、まともに加工ができない業者なら、ぶっちゃけ、デジイチ使っていてもTHETA Vに劣るかもしれませんが、幸い、そこまで酷い業者は写真を確認する一握りです。
(いるんだよなぁ・・・😢)

この度の Z1、最も気になったのは、私的には解像度。
静止画解像度 6720×3360 ・・・ ホッ💖
23MP以下です。

動画になると、もっと解像度が落ちるようで…

恐らくですが、Googleストリートビュー上での表現で、
6720×3360(23MP)は、どちらかというと不足気味になるのでは?っと思っています。

理由は、Googleフォトの無制限容量で32MPもあるからです。

きっと、32MPが綺麗に見える最低ラインくらいかもしれません???
※ Googleフォトの無制限容量ですが、全天球360°パノラマ写真の場合、16MPじゃなくて32MPになります

一度、比較をしてみなくてはなりませんね!

そして、当社は、プラス自社保有技術として、門外不出の ①画像の加工技術・②何故かスッキリ綺麗写真に仕上がる独自処理技術も持っています。

GoogleストリートビューなどのVR用360°写真を作る際には、①と②が必要になります。
代表的な例では、①はPTGui。②はrightroomですね。

普通のスナップショットでも②は好評です。(笑)

Googleストリートビューの序でに撮影させて頂いた写真が、②の処理を通した後、是非に欲しい!(めっちゃ綺麗!)ということで…、ホームページ用の写真にご採用頂いたりもしています。
(当社のGoogleマイビジネス初期精査を頂いたお客様には、必要に応じてデジイチ写真のココイチ・ショットも含まれています)

結論として、Z1、10万円越えは、お店用のGoogleストリートビューの機材としては役不足かと思っています。
この辺は、RICOHさんも分かっているのかもしれません...
「Facebook・LINEに360度写真をそのままアップ。友達に360度の世界を気軽にシェア。」って書いています。

ただ、動画では、4ch MICや編集面など、おっとっとっ!と後ろ髪を引かれるような機能が多い気がいたします。
動画系でクリエイティブな方なら、きっと、魅力的な機材になるかもしれませんね。

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます🙇

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA