バーチャル・リアリティー・サービスを変えて行きます

Googleストリートビュー|全天球360°パノラマ写真|VRツアーの常識・コストを塗り替えて行きます。お気軽にお問合せ下さい!
【受付時間】月-日 8:00-20:00
ほぼほぼOK!

📞077-598-5999

【eMailなら24時間ご利用頂けます】

お問合せ📧はこちらから!

Googleストリートビューは10年を迎えたのですね

こんばんは。 アットマイン 辻田 です。
久し振りの更新です・・・
理由は、色々、処理テスト中の為💧
この暫く、色々と作業に追われております・・・💦
いや、決して儲かっている!っではありません。(キリッ!)
小さなお仕事も大きなお仕事も、頂いた限りは最後まで。
大切にしたい事柄です。。。
#で、とあるお客様からのお言葉は、
#「これだけ対応頂いて、この金額じゃ、
# 手間暇かけ過ぎでしょう?」
#いいんですよ。そのお気遣いが次に繋がる。
さて、稀に、GoogleさんのBlogを見に行きます。
小ネタも沢山、読み易く書いているので、
ネタ掴みには最高です。(笑)
そんな中・・・

ストリートビューが 10 歳になりました

え!? まだ10年?もう10年?
なるほど。
インターネットが一般開放されたのが
1990年頃?でしたっけ?(忘れました)
Windows95は、その数年後くらいだった気がします。
後に、Windows98やら etc で、
安定稼働でベストなWindowsは、
概ね10年後のWindows2000までお預けでした💦
こちらは、Microsoftさんの例ですね。
ICTの世界で10年も続くのは凄いですね。
一番凄いのは、多分、10年前のストビューを見る事が出来る?
所謂、下位互換を持ち続けていることです。
新しいアーキテクチャを持ち込もうとすれば、
古いテクノロジを何処かで捨てなくてはならないのが常識です。
Windows OSしかり、Mac OSしかり、
iPhoneのiOSしかり・・・etc
何が言いたいかというと、、、
これって家電製品や車と同じサイクルじゃないの!?という驚きです。
10年前のWebsiteを見る事ができるのは、見る側が対応できているから。
逆に、見れなくなる仕様だと誰も買ってくれません。
そう考えると、ストリートビューも粘るに粘っています(笑)
因みに、海外では Street View Ready でも盛り上がっている(かも?)
Engadget 日本版 より
Googleストリートビュー(屋内・店内版)が、
このしばらくで消える事は・・・無いかな?という安堵の気持ちもあります。

何時までも有ると思うなICT
Google Street Viewは、数少ない残り行くサービスかもしれません。

P.S.
久々に、研究といえば大袈裟ですが色々な処理テストを発動しました。
その他、含めて、まったり更新状態ではありません orz
今の状態でも問題はない(少ない)と思うのですが・・・
一旦、覚えた良い感じの状態を越えるには、クラッシュさせる
思い切りも必要なので、一からテストを繰り返し中です・・・💣
今よりもっと、完全趣味レベルで画像公開されている真のプロフェッショナルの方へ
少しでも近づいて行きたいな.仕事としても、趣味としても。
そう思います。

コメント