HDR(独自処理)が素敵過ぎる♫

貴方にも風光明媚なGoogleストリートビューを!の
アットマイン 辻田 です。
さてさて-
新しい施設というのは、ガラスの質が変わっているんでしょうか?
それとも、ガラスのくすみが少ないからでしょうか?
前に書きましたが、ソフトウェアが新しくなった事も起因していると思われるのですが-
良い感じの良例が撮れました。
パノラマ写真は、前後左右上下の全てが1枚の写真です。
故に、前が明るい|後ろが暗い=何処かで調整が必要になりますね。
まさか、明るい画像と暗い画像を半分なり、1/4づつ分けて張り付ける訳には・・・(笑)
つまり、快晴+外観側⇒暗めの室内を見せる時
快晴+室内⇒外の見せる時など、
キチンと綺麗な写真をお届けしたいカメラマンさんだと、正直、”嫌だなぁ~”っと思われている方も多いと思います。
※ カリカリに写真を弄る事は、時間がかかる=費用がかかる上、本来の美しさを出せるのは、専業の方にしか無理だと思います
以下は、この前、撮影させて頂いたとある新しい施設のお客様・・・
最も苦手な戸口を入った前後です。
部屋側に合わせると、表が真っ白。
表側に明るさを合わせると、部屋側が真っ黒になるのが普通のスナップショットでの撮り方です。
如何ですか?
HDR(当社独自処理)、キター!
っという画像になっている良例だと思います。(^ ^ ♪
暗めの室内から、表の駐車場の黄色ラインだけではなく、
遠くの空・山・緑が、スッキリと見えますね。
室内も白い壁が、テカテカにならず、エレベータのガラスへの写り込みも自然です・・・
「風光明媚」と唄う理由の一つです。
ただ、条件に寄りけりです・・・
こちらの例のように、キターッ!と思う事も多いですし、
あれ?と思う事もあります。
※ 真っ白や真っ黒になり過ぎる時は、止む得ず、旧)Googleインドアビュー的な他の方法を使います・・・
これ、実は、当社の独自処理から、全くという程、触っていません。
少しだけ明るくしていますが、その差は、ホントに誤差。
パノラマ制作を行う工程で、最後に気付いた範囲で細かい所で人手を加えます。
全て自動にしていると、ついつい “ま、良いか!”となってしまうと思います。
画像を細かく見ると、JPEG的なノイズや、撮影セッティングによる仕方がないノイズは出てしまいますが、、、
このノイズも比較を頂けたなら、少な目には抑えています。

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます。

Google上から消え失せた日・・・(汗)

貴方にも風光明媚なGoogleストリートビューを!の
アットマイン 辻田 です。
お盆的なムードも、今日で終わりですね。
今日は、📸がありましたが、お盆は、画像関係でテクニカルを学習中・・・💧
さっ!とムードを切り替えたい時、こちらのSiteを見直しいたのですが、今日は、何故だかGoogleマイビジネスの機能が豊富になったので遊んで?学んで?いました。

person touching macbook pro
Photo by rawpixel.com on Pexels.com

なるほど-とか思いながら・・・
色々と試していると・・・

001
あっ!・・・
噂に聞いていましたが、初めてみました・・・

アカン奴!!!

さて、どうなったかと申しますと、
今の時点でGoogle検索ではWebsiteだけ。
GoogleMap上では表示も出て来ません。
※ Google的に情報が欠落しているという事はWebsiteのランキングも下がるだろうな・・・
特に、Google云々は、何事もトライ&エラーで、やってみないと分からない事も多々です。
Web上には、Googleマイビジネスのガイドラインがありますね。
Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン (Link有)
このガイドラインに何らかのカタチで当たってしまったのか?
GoogleさんのAI判断で当たってしまったのか・・・?
このガイドラインも時々、変わっているんです。(^ ^;

注: 個人の財務情報、政府発行の身分証明書、氏名に関連付けられた連絡先情報、機密記録、個人情報が含まれる画像、謄本、リンクなどの、個人情報や機密情報を含むコンテンツは許可されません。
また、特定的な投稿や販売者の説明を通して、ユーザー自身の名前、メールアドレス、電話番号以外の上記の情報を要求することも許可していません

以前は、こんな文章はありませんでしたね。
難しい書き方なのですが・・・
個人情報の収集でしょうか?
ユーザー自身の名前、メアド、電話番号以外は駄目ということだと思われますが、投稿や説明で、これ以上の情報を下さいな!という事は許可していませんということでしょうか・・・?
Googleストリートビュー(屋内・店内版)の、所謂、360°パノラマ写真でも、以前の細かな指定は無くなったような気がします。
[Link]

360° 写真
360° 写真は、横方向で 360 度を隙間なくカバーしている必要があります。天頂から天底(真上から真下)まで収める必要はありませんが、上端から下端までに許容される隙間や欠落はわずかなものに限られます。
貼り合わせに若干のずれがある写真は承認されますが、著しいずれがある写真は承認されません。
360° 写真は、最低でも 4K(解像度 3,840×2,160 ピクセル以上)である必要があります。
1 つのエリアに対して複数の 360° 写真を投稿すると、それらの写真が自動的に結合される場合があります。手動や自動ですでに結合してあっても、臨場感が伝わるように Google が元のつなぎ目を調整、除去したり、新たに結合しなおしたり、360° 写真の位置や向きを調整したりする場合があります。
360° 写真を結合する際は、必ず隣接する地点の写真をつなぐようにし、結合された 360° 写真を初めて閲覧するユーザーが方向感覚を失うようなつなぎ合わせ方はしないでください。
ある地域について複数の 360° 写真を公開する際は、クローズピンやドット効果、地図に表示される青色の線を使用してメッセージ、記号、絵を描くなど、地図に落書きするような処理は行わないでください。
360° 写真の天頂か天底になんらかの帰属表示(透かしや著者情報など)を付加する場合は、関連する要件について上の「重ね合わせるテキストまたは画像」をご確認ください。

あれ・・・
更に、解像度のランクが下がっている気が・・・
あ!
Google認定フォトグラファーの基準[Link]が別にあるのでした・・・
(何だか、上記に書いている事も併記しておいた方が良い内容の気がしますが・・・)

画質
14 メガピクセル以上(5,300×2,650 ピクセル)
アスペクト比 2:1
水平線付近に画像の隙間がない
貼りあわせに著しいずれがない
明るい部分も暗い部分も十分に細部を判別できる
鮮明さ(手ぶれや被写体ぶれがなく、ピントが合っている)
閲覧を妨げるようなエフェクトやフィルタが追加されていない

赤の部分は、もの凄く甘い認証です。
HDR的な事が無くても、認証が下りるので・・・
GoogleさんのAIが甘すぎる???
こちらも、以前は、底面若しくは上部の欠落は15%まで(?)という指定や、
帰属情報の配置は底面のみという指定があった記憶があります。
更に、フィルター処理も駄目(個人情報等に関わるボカシのみ可能)でした。
何時の間にやらフィルターも「閲覧を妨げるような」に?
インスタ的なPanoramaもO.K.という事になったのかなぁ?(^ ^;
また、帰属情報に表示できる内容の指定(電話番号やメールアドレスは駄目)と書かれていましたが・・・
あれ?
と、色々と書きましたが、Googleマイビジネスの停止は、初めて起こった大問題💧
こういう処理は、AI処理に違いない。
たちまちは、メールアドレスも載せていませんし、サービス等に打ち込んだURLが悪さをしている可能性が高いかと。
http://とか、@とか、xxx.jpなどの記載があるだけではねている可能性もあるかなと?
この辺りを削除~ Googleさんへお届け・・・

さぁ、一体、何時、
復活できるのでしょうか・・・?

貴方のGoogleマイビジネスは、Google上から消えていませんか?
Googleマイビジネスに登録後に、ご確認もされていないかもしれませんね?
Google社のガイドラインや規約は勝手に変えて行きます。
多いのはリスティング名(お店の名前など)に、ピーアールを行う為の頭文字や【】でサービスや商品を強調されているを、時々、見かけます。
急に、Google社の精査などの弾みで消えることもあります。
適切に修正を頂く事が一番です。
また、今回のように、修正や記入の際の何かの弾みで消えることもあるようです。
▼ URLが悪かったのか?どうか?も不明です
時々、貴ビジネスも消えていないか?のご確認を頂ければと思います。
貴方の興味に少し応えられましたでしょうか?

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます。

やっぱり欲しいよなぁ~☀Googleストリートビュー

2018年の夏、今年は滅茶苦茶暑いですね💧
貴方にも風光明媚なGoogleストリートビューを!のアットマイン 辻田 です。
さて・・・
夏と言えば暑い!暑いと言えば夏季休暇!
きっと、貴方も思い出や記憶に残ることがあったと思います✨
・・・ ちなみに、当社は適当な曖昧な夏休みです
今年は、全く知らない所へ一泊の旅行に行ってきました!
すると、やっぱり予測外の事情が・・・💣

bridge clouds cloudy dark clouds
Photo by Pixabay on Pexels.com
っと申しましても大袈裟な問題になるような事ではありません。
予定外に『折角、ここに来たんだから海鮮丼が食べたい!』とか、
そういう部類のモノです (^.^;💦
こちらは帰途に向けて車を走らせている身。
空飛ぶ絨毯ならぬ、勝手に家まで乗せて行ってくれると思ってるんじゃ~・・・
もちろん、嫁さんに調べさせる訳ですね。
車を走らせている所の近くで・・・
まぁ~、大方の予想通りになっちゃうのですが、車のナビなんて役に立ちません。
「O.K.! Google 近くの海鮮丼 ランチ!」的な検索を行う訳です😅
でもね・・・
我が家は、ちょっと小さい子供がいます。
「海鮮丼」を食べられるのであれば、何処でも良い!って訳では・・・
まぁ、料金もさる所ながら、静か過ぎない雰囲気のお店かなぁ?
カウンターとか普通のテーブルはあるのかなぁ?
お昼は回っていたのですが、小さ過ぎるお店じゃないかなぁ?などなどです!!!
turned on iphone x with yellow case
Photo by Essow Kedelina on Pexels.com
探し回る事、十件程。
ド田舎に行っていたので、十件程の候補を探すのにも大変でした。
ちょっと早めの夏休みで平日の旅行。
さぁ~!着いた!!
Google上の登録は空いているけど休業日していた・・・(# ゚Д゚)
# やっぱり、こういう人も多いと思いますよ💧
お店の情報が無さ過ぎて近くを通るも外観や口コミだけの判断にならざる得ない。
狭そう?子供も行けそう?なんて分かる訳無い 💢
正直、こういう時ってイライラが溜まりますね-
やっぱり・・・今更ながら・・・思い返しても・・・
steak food
Photo by Malidate Van on Pexels.com
 
っていう写真より・・・
man wearing suit jacket sitting on chair in front of woman wearing eyeglasses
Phってoto by rawpixel.com on Pexels.com
っていう写真の方が、お店の感じが分かる。
こういう写真でも良いと思うし、
Googleストリートビュー(屋内・店内版)が全てのお店に入っていたなら、
全てのお店を確認していたと思います。
※ 定休日だったお店は、まず、
※ Google上の情報をキチンと・・・💧ですがw
それよりも驚くのが嫁さんだったりします。
あれだけYahoo!を使っていた👤が、スマホに変えて数年でGoogleを利用。
あ、iPhoneという理由もありますが・・・
GoogleMapも何気に使っているのと、音声検索が楽なようです (^^)
ですよね-
っと少しご理解を頂きたい理由が・・・
元々、視力が良くないのと、最近、老眼が少し出て来て更に見え難いらしいので・・・
こんな身近な音声検索の需要があるとは、なるほどなぁ~です。
視力が良くない👤も多いと思いますが、そう言えば、老眼も対象になって来る・・・
っという事は、老眼が出る50代~には普通のアイテムになりつつある気がしました。
▼ SiriもGoogleも凄いですね
そんな50歳代の👤でも、60歳代の👤でも、
何だ?コレ?的に、Googleストリートビューは見ますし触れます。
単なるパノラマ写真の掲載だけに、出来る事・使い方もシンプルですね。
貴方がお店を出されているとして、
少し、そういう事もある(こういう奴もいる)という事を想って頂ければ。
肝心の海鮮丼ですが・・・
結局、各店、情報不足で。。。
ちょっと心元ないので・・・
大きなチェーン店的な、ホームページも派手な処で頂きました。
man holding baby s breath flower in front of woman standing near marble wall
Photo by vjapratama on Pexels.com
そんなんやったら、うちの店に来いやっ!
っと言われそうですが-生憎、初めて行った土地で、
そこまで安心できるお店は少ないのです。
小心者と言われようが、お店の雰囲気は判断材料の一つ。
食べ物写真を見ても味や価格は分かりませんが、お店の写真で雰囲気は分かります。
オーナー様の趣向も分かるというものですね。
上の写真のように・・・
男性のワクワク感は、この時点で女性に伝わっていないでしょう。
海鮮丼の候補各店の魅力(ワクワク感)も、私からは見えませんでした。
至ってシンプルな考えですが、お店の魅力が見えていないと、
初めてのお客様は、貴方が思う以上に、貴方のお店に行こうと思わないし、
貴方が魅力を魅せるだけで、簡単に行こうと判断します。
その魅力を伝える方法の一つがGoogleストリートビューであり、その魅力を伝える為には画像品質・動線品質はとても大切な要素になる考えています。
もちろん、Googleマイビジネスへの取り組みも必要です ♫

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます。

 
 

ちょっと、あのね・・・

貴方にも風光明媚なGoogleストリートビューを!の
アットマイン 辻田 です。
今日は、少~し、気になる・気になる・・・・ことがありました。
それは、弊社と言えば固くなるので、ここでは、全国にいるであろう、
真っ当な業者・個人を、『僕達』と表現させて頂きます。

top view of person using tablet computer beside teacup and saucer with brown tea on table top
Photo by rawpixel.com on Pexels.com
Googleストリートビュー(旧Googleインドアビュー)は、
しばらく前のGoogle社の改定で大きく時代が変わりました。
簡単に言うと、Google社とGoogle認定代理店、以前のGoogle認定フォトグラファーだけの特権とも言えるGoogle社のサービスの一つが”Googleインドアビュー”でした。
この特権とも言えるサービスが廃止され、荒い画質もGoogle社が通す事になり、旧)Googleインドアビューの時代は、本当に、幕引きとなりました。
当社も某Google認定代理店の傘下でもありますが・・・💦
今のGoogleストリートビューについて、自社でビジネスを行うことについて、駄目というお達しはありません。ただ、営業面でGoogle認定代理店の名前をかざす事もありません。
真面目な『僕達』は、新しい情報は、常に学び・テストをして、真面目にお客様の事も考えて嘘偽りを申し上げることもないんですよね。。。
それが、一つの誇りでもあります。
candle creepy dark decoration
Photo by Pixabay on Pexels.com
でも、悪い人も沢山います。
Google云々と言えば、全く知らない人からは、簡単にお金儲け?搾取?ができるかもしれません。
NTT勤務時代にも思った事なんですが、騙される方は、人の言う事を全く聞かない人も多いんだ・・・
いくら真面目に、今の料金より下がりますよ!と言っても聞く耳を持って頂けない。
最後の最後に、機械が壊れて総入れ替えになってから『もっと早く言って欲しかった!』。
『今までの料金体系は騙しじゃないの!?』
こんな話は、1/100以上、普通にあります。
記憶的には、10人の内、1人は、こんな感じですね。
だから、この仕事においても僕たちは、『Google』という言葉に惑わされないで欲しい。
Google社は確かに凄い・素晴らしい会社です。
でも、Googleの化身の如く彷徨うゾンビは沢山居ます。
実は、とある訪問先で初めてショッキングな言葉を頂いたからなんだ。
『Googleって言ったら駄目と聞いたぞ!』
後は、ご想像にお任せします。
僕の伝えたい事は、99.9%、聞いて貰えませんでした。
何のお話しかって?
Googleストリートビューを入れて下さいというベタなお話ではありません。
Google上での情報が悪過ぎるので、Googleマイビジネスのお手続きをして、ちゃんと、情報をされた方が良いですよ!
お客様が行われるなら0円ですし、お手伝いもできますし、ご信頼を頂けるのであれば、Googleストリートビューも如何ですか?っというお話し。
今、Googleマイビジネスに手を挙げる(登録)すると、投稿機能もあって無料でアピールまでできちゃうんですよ!
きちんとした僕達は、そういうお話をさせて頂くのが、ご信頼を頂ける第一かな?とか思っています。
お渡ししたチラシにも、Google社と関係が無い事を明記。
お話の内容もVRのご案内と、Googleマイビジネスの登録お奨めのお話し。
それでも、『Googleって言ったら駄目!』。。。と。
artistic blossom bright clouds
Photo by Pixabay on Pexels.com
因みに、きちんとした説明を加えるならば、お話をさせて頂く際、
ストリートビューも×です。マイビジネスも×です。
Googleという言葉は略してしまいがちですが、
正式に『Googleストリートビュー』『Googleマイビジネス』です。
だって、他社が同じようなサービスを出したら、×××ストリートビューや、
×××マイビジネスもアリですもの・・・
その辺、ご理解頂きたかったかな-
そして、Googleマイビジネスもご活用頂きたかったかな-
前に、Google認定代理にも所属している神のお話を書きましたが、その方も、『あちゃ、そんなん僕も行かれへんなぁ~』というお話で・・・
art cathedral chapel christ
Photo by Pixabay on Pexels.com
確かに、怪しくて・騙しも多いGoogleストリートビュー(屋内・店内版)のサービスなのですが、絶対に、お客様が嫌!と言われない限り・お客様へ連絡しても動いて頂けない限り、僕達が、やっておくべき最低限の事柄が、Googleマイビジネスの登録です。
反面、Googleストリートビューは不要でも、無料なのでやっておくべき登録だと思います。
今日は、あえて、真面目に活動している方々を僕達と表現させて頂きました。
きっと、全国あちこちに、僕達のような真面目な人はいます。
接触できる可能性は、0~50%無いと思います。
電話営業なんて基本はヤラナイし・・・、
故に、手間暇かかる割に、逢えないので、これくらいの%になります。
Googleという言葉・訳の分からない営業だけに惑わされず、
きちんと、顔を見て、きちんと最後までお話しを聞いて頂けたらと思います。
僕達の話しは、一見、メンドクサソウ・・・
なのですが、至って簡単・シンプルな中身です。
貴方が、少しでも集客・ビジネスを盛り上げて行きたいなら、
分けわからないサービス業者に数万円支払うよりも、
Googleマイビジネスの登録と、マメな投稿機能のご活用を!
まず、コレです(笑)

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます。