バーチャル・リアリティー・サービスを変えて行きます

Googleストリートビュー|全天球360°パノラマ写真|VRツアーの常識・コストを塗り替えて行きます。お気軽にお問合せ下さい!
【受付時間】月-日 8:00-20:00
ほぼほぼOK!

📞077-598-5999

【eMailなら24時間ご利用頂けます】

お問合せ📧はこちらから!

(とうとう)インスタにも手を出す・・・

ICTのコト

インスタグラム...
確か、2010年頃かなぁ~?

メジャーになる一歩手前で個人アカウントは取りました。
このアカウントが、それなりのアカウントなので、
稀に、変な友達っぽいDMが届いたりします。
#確認して欲しいね・・・

実は、Gmailも流行る前からアカウントをとっていまして、
個人アカウントは、ちょっと人気?
間違いメールが送られて来る・セキュリティーの通知は来るという私です。
orz

ふと、周りを見渡すとインスタ櫻が咲き誇っている。
いや、誇り過ぎ!
もしかすると、(よくある)最後の盛り上がりかもしれませんが・・・

う~ん・・・
ビジネスとして、面白い表現はできないのかな-と、
以前から、今も、考え続けているんです。

ただ、そろそろ、仕事としてついて行こうかなーっと。
そして、仕事で使うんなら、少しだけ違う表現で参加させて頂こうと思いました。

ちなみに、Googleストリートビューを含め一般的な静止画VRは、
2:1で表されるので、インスタグラムの正方形だと、ちょっと寂しい。

そして、この2:1の平面写真は、
「スフィアパノラマ」とも言われるカタチでして、
普通に見ると、何コレ?グニャとした写真は?っという表示になっています。

また、どうやら、1っの写真だけを見る時には正方形は関係ないのですが、
一覧表示(上記の表示)だと、正方形でなければ、部分的な正方形に
なってしまうようで、随分、寂しい・・・

っということで、考えつつ・・・

3×列で表現する、
「グリッド」っと呼ばれる表現をメインに参戦して行きたいなと思います。

宜しければ、フォローを頂ければ勢いつきます
<(_ _)>

一つ、思い付いたのは、この表現を用いて店内のアピールをしている
お店は皆無だと思います。
何故なら、スフィアパノラマの撮影~加工処理~表現方法の
表現に慣れた人(いわゆるパノラマ写真に慣れた身内や業者が身近にいない)が、
いなければ、この表現を作ることができないからだと思います。

実は、グリッド表示なら、広角レンズで撮った写真以上のワイド感を表現することができますね。
★ 上の写真なら一番上の一列になります

例えば、広角の範囲が広くなる程、「歪み」が出て来て違和感が生じます。
コレを補正するのは、ちょっと面倒です。。。

当社なら、Googleストリートビュー(お店版)以外に、
VR構築やら何やら、
ご提案と言えば大袈裟ですが、ご案内もできます。

インスタグラムのお題の通り、

(多分・一応)
『滋賀県唯一・無二のVR専業法人』

是非、お気軽に呼んでみて下さい✨

コメント