綺麗は正義 (#^^#)
綺麗は正義 (#^^#)
綺麗は正義 (#^^#)

こんばんは。
クッソな速さで瞬間・瞬間に仕事を片付けないと、
新しいことができない今日この頃・・・

料金体験を間違えちゃったかなぁ~とか、思います😨
とある処で、バーチャルツアーの制作依頼で、
スーパーな回転率を前提に提示を行ったのですが、
コロナの影響もあり、スーパーな回転率は何処へやら・・・💧

✤ ポツポツというペースなら、赤字モロ出しじゃん💧

じゃ、今、何をしないと駄目かと言うと、
この1件・1件の処理速度を片付ける「速度」を上げるしかない。

昔、ITの仕事で商社に勤めていましたが、正に、「速度勝負」だったと思います。
数千万円とか数億円の価格になるシステムなんて、どんなに頑張っても1回で構成が決まる訳ではない。
5回程度は体力と神経消耗戦で速度勝負。
全力疾走しながら、「正解」と「ニーズ」を探り・投げてみるしかないんですね~。

1件の見積や提案書に2週間かかると、次の修正でも2週間。
そんなのやっていると、本当に、半年なんてあっという間に過ぎ去ります。
ので、僕は、通常2週間かかるところを、3日とか5日とかで、”間違い当たり前!”的な感じで過ごしていました。
コレは、今、思い返しても正解だったと思っています。

つまり、工数赤字をカバーするには、
(今も速いのですが)
更に、高速化を図ることで回避できる?かも?しれません。。。

 Time is Money ですね😅 

で、お話は戻りますが・・・、やっぱり綺麗は正義かな?っと。

パートナー様が当社制作のパノラマ写真を見せると、
お客様が感動されて・・・
そのまま、Googleストリートビューやら、何やらの注文に至ったそうです。

「えっ!?こんな綺麗に作ってくれるんやったら、ヤルヤルッ!」って。
(#^^#)

このような反応を頂くと、間接的にでも、凄く嬉しいですね😊

多分、綺麗かどうか?に気づいて頂ける土台が、まだ、十分に整っていないと思います。
そもそも、Googleストリートビューもバーチャルツアーも写真品質が違うことに、
気づいて頂ける土台が出来るのは・・・もう少し先になるのかなぁ?

誰でも作れる偽物で営業力だけでお金を頂くのは嫌だっ!
プロにしか作れない本物しか提供したくないっ!

そんな、2年ほど前の今の時期を思い出しましたね!

っという感じで・・・、

もし、貴方がバーチャルツアーやGoogleストリートビューをご検討中なら、
当社に、お声掛けを頂くだけでも損は無いと思います。
(損だと思った時点で止めて頂ければいい事だし・・・)

綺麗は、正義。
コレは、ブランディングにとても大切なことだと改めて思いました。

ブランディングとは?(Wikiより):
ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA