細かいご説明の場を頂きました
細かいご説明の場を頂きました

こんにちは。 アットマイン 辻田 です。
今週、ストリートビュー(屋内・店内版)を初めて知った?
という感じの方と、細かいご案内をさせて頂く場を頂きました。
*賢いナンチャラは爪隠すと申しますので、
*ホントは見られた事はあったかも?
*しれませんね
先ずは、ストビューとしての
「全体の動き」から。
続いて、滋賀県での他社を含めた表示例。
最後は、何が・どう違うのか?の
「ご案内」を。
きっちりとした組織様ですので、
当方も緊張の連続です💦
まぁ~、この5月以降、グーグルさんの
ストビューツールが無くなったので、
各社さんも色々と試行錯誤を行いつつの
ストビュー公開だと思っています。
ただ、うち(当社)が異なるのは、
何もしなければ、ホントに、
ご飯が食べられなくなってしまう可能性が
出て来ちゃった訳ですね。
では、怖い怖いと呟いて潰れるのか?
そんな事も一時期考えました。
そんなの誰でも嫌ですよね?
うち(当社)が、恐らく他社と一番異なるのが、
情報がまとまって来た4月半ば~5月半ばまで、
時間で表すなら24時間の内、12時間以上を
テクニカルな面で次の勝負に備えたところです。
ご説明の中で他社との比較。
今回は、『色調』で圧勝の座を頂きました。
各業者様で大きくだったり、微妙だったりで
色調(色合い)は変わります。
実は、色調には我々日本人の好む色調があるように、
ほぼ各国で好みの色調があります。
テレビのメーカさんや、映像処理のツールを作成する
メーカさんは、まず、自国に合わせるんですね。
輸出用となれば、輸出用に色調を合わせます。
っというのが、1台 300万とか600万円の
業務用昇華型カラープリンタをデザイン事務所様に
ご提案をしていた20年程前のお話です。
世界的に景気が・・・という今は知りませんが。
お話を戻すと、例えば、画像処理のソフトで
一般人が扱えるのは、ほぼ『海外ソフト』です。
世界で大きなシェアもあり、膨大な利益を
得ている会社なら、日本人用にカスタムを
かけているのは、当たり前。
ただね...
パノラマ用の一般的なソフトは・・・
膨大な利益?無いよなぁ~・・・
っという気がします。 (^^;
そもそも利用者が少ないですし。。。
っという訳で、
海外製の画像ツールでは、
私を含め、多くの日本人が
“一度、気付くと気になって仕方がない”
っという”ある色合い”が出やすいのです。
当社は、この件をクリアできる画像作成を
学習期間中に、偶然ですが発見?しました。
*偶然とは言え、コレが行える事は、
*非常に大きなポイントで感動と嬉しさで、
*その日だけは、直ぐに寝ました。
ご提案を受けている業者の画像で向いていますか?
何か気になる色合いではないですか?
もちろん、それが向いている施設様もありますが、
半分以上の施設様は向いていないと私は思います。
色合い気に入らなければ、他も探してみましょう。
当社は“日本人好みの色調”にも合わせ済み。
比較をさせて頂いた際に、概ね絶賛を頂いております。
世界のストビューですが、画像を作るのは個人(?)。
更に、画像を処理するのが海外ソフトだったりします・・・

今日もBlogに来て頂き、ありがとうございます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA