気づけば「はっ!?」とすることばかり
気づけば「はっ!?」とすることばかり
気づけば「はっ!?」とすることばかり

こんにちはっ!
ず~~~~~~~~~っと、サボっているBlogです。。。

生きてますか!?

➔ まぁ。。。何とか。。。?

そんな感じですね。

8月にショッキングな事態に陥りまして、糞ヤベェ~💦っとなりまして、
今も落ち着いた心地に至っておりません。

でも、僕が創るバーチャルツアーを、何処か経由で、
誰もが知る会社様へサンプルとしてご提出させて頂いていたり、
羨ましがられるかも?なコンペに残らせて頂いていたりと、
傍から見ると、順風満帆な感じで羨ましがられるであろう
この状態で、
コンビニ弁当高い!って状態にいないとダメなのか・・・?

サッパリ分かりません😅

でしたが・・・
気づいてしまいました。

ハッ!?😱

バーチャルツアーは基本的に高額なサービスなのですが、
販社様によっては、叩くだけ叩いて、後は知らぬで受注をすることが多い気が?
そうすると、工数が膨大な赤字になる訳ですね。

➔ 最近、気づいたっ!😅

お客様=パートナー=僕の対等な立場でなければならないのに、
相手も考えてくれているだろうという感じで気にしていなければ、
いつの間にか、お客様>パートナー>僕 的な😱

例えば、
一般的に「単純労働<複雑な労働」の図式でお駄賃は高くなりますね。

もし、バーチャルツアーが欲しいというお客様がいらっしゃった場合、
受取る料金は割合があるとして、「時給のお駄賃」が高いのは僕じゃないとダメやん?

そっかぁ~・・・
そこだなぁ~・・・
(多分)

もちろん、お客様へ2倍で売ろうが3倍で売ろうが、僕の知ったことではない。
僕が聞くのは、

  • お客様はいくら払ってまで欲しいと言って頂けたのか?
  • 僕が一番馬鹿な状態になっていないか?
    (馬鹿になっていてもあえて突っ込まないけど)
  • 料金の中で無茶を言われるお客様ではないか?

この点ですね-。

お客様が値切って、そのまま値切って来たら、
後から出てきた細かい手直しは手を抜かざる得ません。
(モチベーションの問題ですね)

実は、とある制作で大変でした。。。
手直しじゃなくて、新規開発やんか。。。ってな。
入替ではなくて、プログラムのパラメータ組み換えやんけっ!。。。てな。
おそらく、元のコストは返って来てくれないな...

例えば、1週間ほど、一つの機能でしばられました。
●万円×7日分は頂かないと、工数赤字ですよね...😱

例えば、この技術なら1時間3,000円の価値があると思います(想定します)。
人に指示を仰いで誰でもできる作業ではありませんし、英語の翻訳を行いながらも多いんです。

っとするなら?
僕が動かずに、人に任せたとすると・・・
24,000円×7日=168,000円を頂いても儲けは0円やんけっ~ 😱💦
(ちな、僕が8時間労働で済むハズがない・・・💧)

そりゃ、ド赤字になるわなぁ~。。。
コンビニ弁当高い!ってなるわなぁ~。。。

当社の最大かつ最強の強みは、画像加工~公開までのCore技術を一社&一手に握っている訳でして。。。
しかも、綺麗加工もバーチャルツアーのプログラムも独自技術な訳でして、おそらく、他社様に真似はできない(難しい)のもあるかと。

上述しましたように、元が高額なサービスなので、
お客様や提案層によっては、普通に、数十万とか百数十万円とかがベースになります。

実際、パートナー様経由で、十数万,数十万のご依頼が当たり前になる処も見えて来ました。

コロナの影響もあってか、バーチャルツアーやVRのお話を受け入れ易くなっているのでしょうね。
更に、外出できない・行けないストレスを、健常者・身障者・若年・老年含めて、
同じレベルで解決をするには、バーチャルツアーやVRだけが解決できる唯一の技術だと思っています。

また、特に、旅行や観光においては、これまでと異なる切り口が必要になると考えます。
これまでは、「実際に来てからのお楽しみ」が主だったビジネスだった訳ですが、
これから、通用すると思いますか???

おそらく、有名な処以外で、このホスピタリティは無効になるでしょう。
お客様は行く場所を絞る=有名な処に固まる比率が高くなると思われます。

っと同時に、

これからは、「実際に行ってみると更に楽しかった!」というホスピタリティがキーワードになるでしょう。
行かせる(来て頂く)ためのホスピタリティは・・・手前味噌ですが、バーチャルツアーやVRが最強。

下見は、ホームページや写真や、Googleストリートビュー?
いえいえ、きっと、バーチャルツアーやVRが主流になると思います。

これは、上述した通り、沢山の方々に同じレベルでサービスを提供・障害障壁を解決できる唯一の方法だからです。

もちろん、リアルタイムなビデオや通話を通じてのツアー紹介が最強と思いますが、
そこに至るまでのウェルカムにバーチャルツアーやVRは相性が物凄く良いと思っています。
(共に、オンラインというだけでも良い感じかと・・・)

あ、談話に飛んでしまっていました・・・💧
語れば言い尽くせないです・・・💧

そうそう・・・

いつの間にか、儲けないなぁ~とか・厳しい依頼だなぁ~とか・苦しいなぁ~とか、
そんな日々を送らせて頂いている間に、料金なりの無理難題を叶えさせて頂けるようなレベルに到達していたんだなぁ~っという想いです。

手前もフルで対応させて頂けますので、最後に「十分、安い」っとお言葉を頂けており有難い限りです。

もちろん、それなりの技術を持っている業者に限られて来る料金帯域だと思いますが、
それでも、十数万~数十万前半なら、技術面などは有耶無耶になる(できる)ボーダーだと思います。
でも、そこで、僕は妥協したくありません。

妥協できない(しない)ボーダーが上がっている故、料金を上げさせて頂く時期に来ているようです。

ちゃんとした提案をできる方なら、販社様にも儲けを、
そして、僕は次の時代に繋げられるように、お引き合いを目一杯の気持ちで承らせて頂きます。

元々、IT系で単なるモノの売り子からスタートして、最上位システムの営業まで行けた訳ですが、
モノ売りは、モノ売りでやっている限り上には行けません
モノ売りから、上を目指し、モノではなく、人間として組織に突っ込んで行かなければなりません。

でも、最初は、モノ売りが手っ取り早いし、それしかできません。

で、モノ売りの最悪な問題は、その時に売れたから良いという未来につながらない次元であることです。
競合他社に低レベルなモノも混ぜて仕入れ先は叩け。
そして、その時の御は、次に手配をする時に返していると思っていることです。
(次の手配でも叩くので信用ができない悪循環に至る)

そろそろ、僕のバーチャルツアーも、モノ売り方式から脱却する時期に来たんだと、
ここでも「ハッ!?」と思っています。

はじめた頃と、今では、すべてにおいて雲泥の差。。。

  • 画像加工技術も
  • 構築技術も
  • 機能技術も
  • 想いでも
  • 楽しみも
  • 便利さも

(でなきゃ、それなりのお声もかからないかと)

僕の勝負刃は・・・、ようやく、鞘に親指を立てる頃に来たと
「ハッ!? そういうことなんだ」っと思ってしまいました😊

追伸)

WordPressのバージョンアップで使えない機能が沢山出てきて・・・
久々に、触って悲しくなりましたとさっ・・・💧

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA