バーチャル・リアリティー・サービスを変えて行きます

Googleストリートビュー|全天球360°パノラマ写真|VRツアーの常識・コストを塗り替えて行きます。お気軽にお問合せ下さい!
【受付時間】月-日 8:00-20:00
ほぼほぼOK!

📞077-598-5999

【eMailなら24時間ご利用頂けます】

お問合せ📧はこちらから!

外国人観光客にホントにGoogleストリートビューは最適なのか?

ICTのコト

よく挙げられるお題に、Googleストリートビューが外国人観光客にピッタリ!というのがあります。
このアピール、確かに、正しいと思うのですが100%ではないようですね。

例えば、所謂、欧米かっ!の方々向けには良いのかもしれない。

しかし、Google規制の対象国では、Googleストリートビューを見ることすらできないんだろう…
例えば、中華人民共和国では見えることできないんだろうね。

Googleストリートビューの活用例であるホームページへの埋込。
正に、外国人観光客を迎え入れたいホテル様で埋め込まれている例もあります。

がっ!
中国からは見えていないということになりますね-

Googleさんが撮影しているGoogleストリートビュー公道版が無い国というのは、Net上で色んな情報がありますし、Googleマップからでも見ること(何となく分かる)ができます。

でも、Googleストリートビューを表示できない国(Googleマップを使えない国?)というのは、Net上の情報が簡単に出て来ない感じがします。

では、例えば、中国のGoogleストリートビューは無いのか?というと、中国版のGoogleストリートビュー的なモノはあるらしい。
(見たら、ちょっと笑ってしまうけど…)

と、あと、中国国内で有志?遊び?で、Googleストリートビューとして公開している人もいますね。
恐らく、中国内から見ることはできないけど、私達からは見ることができるという、ちょっと不思議な感じかな?
(国側から消されることはないのか!?消すのが追い付いていないのか??)
<例>

なるほどね-!
今更ながら、一流ホテルがバーチャル・ツアーをホームページ上に掲載している時、Googleストリートビューの埋込が少なくて、独自バーチャル・ツアーが多い理由が少し分かりました。
何故か、独自のツアーを掲載しているホテルが多いのが気になっていました。

独自バーチャル・ツアーなら、アクセスされるお客様(国)に関係無く、ネットが見れたら(ホテルのホームページが見れたら)お部屋の中も施設も見せることができる訳です。
しかも、独自バーチャル・ツアーのアピール要素は、Googleストリートビューの何倍かはあります!

ところで、古いバーチャル・ツアーは、HTML5では動かさず、AdbeのFlashなどで動かしていることがスタンダードです。
Flashの問題点は、スマホやタブレットで動かすことができないばかりか、パソコンでも普通は再生可否のメッセージが流れます。
つまり、折角、興味があっても実際に再生をする人は極僅かだと思いますね。
また、当時は高額だったのでしょう…
更新料が高いのか?維持管理費が馬鹿らしくなったのか、バーチャル・ツアーの再生ができない中途半端なホームページになってしまっているホテル様もありました。

Googleストリートビューにしても!
独自バーチャル・ツアーにしても!

Googleストリートビューと、バーチャル・ツアーの専業法人に、料金や対応含めて、サクッと投げてみませんか?

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます🙇

コメント