パノラマ写真撮影のカメラをセッティング中
パノラマ写真撮影のカメラをセッティング中
パノラマ写真撮影のカメラをセッティング中

最近、変わり種写真表現や撮影専門店のような感じのアットマイン 辻田です。

この数日、カメラ機材変更に伴うセッティングに時間をかけております。

理由は、来週から、滋賀県の大手団体様向けのストリートビューの撮影に入らせて頂く予定なのです!
が・・・、今のカメラが壊れるかも?っと。
今のカメラは、3年目を迎えておりシャッター寿命と言われる回数は、倍以上。。。
(そろそろ、本気で予備機扱いにしないとヤバい・・・です)

利用しているメーカーは、キャノンさんなのですが、本当か?どうか?はおいておいて、一般的に寿命と言われている値の2倍を超えても普通に動くのは素晴らしいことですね!
もちろん、何時、調子が悪くなるか分かりません。。。

実は、今回、型式から行くと、古いタイプに戻ります
でも、メーカで区分けしているモデルのターゲットは上位になります。(^ ^;

お友達の同業者さんともお話になるんですが、ある程度以上のレベルになるとカメラの型式を問うレベルではなくなって来ます・・・
確かに、型式が新しい方が色が綺麗かな-とか、AUTOの設定のままで思ったような色が出たりというちょっとした違いや利便性はあります。

でも、同業者さんから古い方の機材で撮った写真を預かって当社でテスト制作を行うと・・・
えっ?このカメラ、十分綺麗なパノラマ写真になりますやん!!!』っと、おっしゃいました。

新型で撮って自社加工したパノラマ写真より、旧型で撮って当社に預けたパノラマ写真の方が品質・品格が上っということなんですよ😅

でしょうね-
でなければ、本気のプロ・カメラマンが常に最新型を買わなくては、カメラの差で新手に負けてしまうという事になっちゃいますよね!
カメラの本体以上に大切なのは、熱い”写真魂”だと思っています😊

それにしても、カメラの格が上だと音がいいですね-♫
シャッターを切った時の「カシャーッン」とも「カキーンッ」とも言えぬ『音』。
全然、違いますね。(格好良い音?)

あと、細かい所ですが上位機種になりますのでSDカードへの転送速度が速い?
バッファーメモリが大きい??
もしかすると、待ち時間が減って、ストレスフリーになれるかもしれません・・・

↑ ↑ は、見る人が見ると・・・
「あ、そういうことね~」っという写真です。

魚眼レンズを利用するのですが、綺麗なパノラマ写真を作る技の一つが、所謂、視差を無くすことがポイントの一つです
もぉ~、眼が辛い💧

指の皮に伝わる感覚でジリジリと、少しづつ、調整をかけては、三脚の位置を変えて再確認。
幾つか試して、ようやく、自己満足という世界なのです。。。

まぁ、パノラマ写真専門機材で、それようのセッティングの機材を買えば普通のレベルでは問題ありません。
当社が行っているのは、そこからの微妙なカスタマイズ的なモノだったりします。

もちろん、コレだけで綺麗なパノラマ写真ができる訳ではありません。
この工程は、綺麗なパノラマ写真を撮る為の、基本の基なのです。

Googleストリートビューにせよ、全天球360°パノラマ写真のバーチャル・ツアーにせよ、綺麗なパノラマ写真が基礎技術となるのは間違いないと思っています。

そして、滋賀県内なら、当社だけ!(だと思います)
パノラマ写真写真は便利そうだし欲しいけど、では、コレをGoogleストリートビュー以外で、どう料理すれば良いのか?料理はできないのか?
貴方がヤリタイことに、どうすれば良いのか、コンサルティングも行えると思います!

さぁ、今日、何とか終わった(感じ?)。
他確認も含め、実に、まる一週間近くかかっています・・・
後は、数回テストを重ねて問題なければ・・・イザッ!本番勝負!です

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます🙇

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA