バーチャル・リアリティー・サービスを変えて行きます

Googleストリートビュー|全天球360°パノラマ写真|VRツアーの常識・コストを塗り替えて行きます。お気軽にお問合せ下さい!
【受付時間】月-日 8:00-20:00
ほぼほぼOK!

📞077-598-5999

【eMailなら24時間ご利用頂けます】

お問合せ📧はこちらから!

グーグル・ストリートビューが大★変貌中

こんにちは。アットマイン 辻田 です。
さて・・・
えらいこっちゃ💦状態
実は、ここしばらく、何か不可思議な現象が
色々と生じておりました。
何やら、Googleさんが色々な何かをしているような
そんな感じ・・・ん?
昨日、「明らかに変じゃない!?」っというのを
確認したので、協業させて頂いている会社さんへ、
ご確認させて頂くと・・・
『ですよね~』←あ、知っていたの orz 💧
とは言え、業者間だけの話題かもしれませんし、
情報をUPされていても、検索で上位に上がって
来るのは遅いかもしれませんので、Blogにて...

兎に角、まずは、iPhoneからのGoogle検索画像を・・・💦

こちらは、当社が撮影させて頂いた
旧仕様のGoogleストリートビューのお客様。
2017年早々に公開させて頂きました。

Google検索での表示です。

所謂、Indoor Viewって仕様です。

Google検索上で、

『中を見る』

っという表示があったお客様です。

あら~💧
『中を見る』が無くなっている。。。
じゃ、Google Map上の検索画像では・・・?

おぉ・・・💧

こちらも、 見事に、『中を見る』が無くなっていますね。。。

悪い事(悪い表示)ばかりではありません。。。
前からiOSでは、エレベータ(マルチフロア)の
表示が、GoogleMap上では出なかったのですね。
(Web上の疑似のMap上では出ていたと思います)
んで、こちらが、新しい・・・
IMG_7372
正に・・・『キター!』です。


こんな、そんなです。
これまで、
新)Googleストリートビューは、
Google検索上で『中を見る』が出来ない
=”意味薄いんじゃね?”
=”その内、中を見る に変わるんじゃね?”
っという状態と常識を、、、
見事に打ち破る仕様変更ですね。
Googleさん、ここまで、大きな変更をしても
世界中のパノラマ画像を収集して行くつもり
なのかな・・・と思います。
まぁ、大きな変化を望むならば、
今の状態を捨てよ!とか、、、
クラッシュ&ビルドだ!とか、、、
言われておりますが、
ホントに、見せ付けられる状態です💧
これで、ある意味、
数年前にIndoor Viewを導入頂いたお客様と、
今年の5月頃からStreet Viewを導入頂いたお客様も、
Google上では差別無しという扱いになりました。
業者側からすると不便な状態にもなりましたが、
更に、一般的なサービスに近づいた状態ですね。
家電品で言うならば、Googleとしては、
ストビューのような
パノラマ静止画像は普及期として
位置付けてるのではないでしょうか!?
認知度は十分に上がっているので、
過去の仕様を変えてもシェアを一気に取りに行く。
ストビューとして、10年を過ぎたので、
Googleの技術的な展望では、現仕様のストビューは置いといて
次のストビュー(等)を目指す。
そんな気がいたします。
旧)インドアビューの表示が大きく変わったので、
今の貴ビジネスにGoogleストリートビューを入れても、
十分、メリットがありますよ。
見え方が統一された為、
興味を持ったお客様は、『中を見る』に惑わされず、
「パノラマ写真」や「写真」、或いは、「動画」を普通に見ると思います。
* 制約ありますが動画も投稿できるんです♪
ただ、少し浸透するには時間がかかるかもしれません。
浸透時間も1年間かからないでしょう。
さて、貴方の施設に興味を持って頂いた
お客様への価値のアピールは・・・

『写真』だけですか?

それとも、

『パノラマ写真』ですか?
『ストリートビュー』ですか?

あるいは、

『動画』ですか?

もちろん、今後も、
Google社の仕様変更により見え方が変わったり、
仕様変更や、最悪、サービスの廃止も考えられます。
ただ、現状において、Google検索上やGoogleMap検索上から、
Directに、興味を持って頂いたお客様へ『価値』をアピールする
ことが出来る状態だと思います。
きっと、Google上の結果表示には、Website以上に、
気を配る必要性が間もなく生じて来ると思います。。。
今回のGoogleの仕様変更により、
旧・新関係無く表示が切り替わったようです。
Google上のDirectな情報表示が同じになります。
っということは、旧・新関係無く、
これから導入を検討中でも、同一表示ということ。
古い旧ストビューを”中を見る”があるから・・・と、
思いとどまるメリットが無くなったという事、
そして、それは、
貴ビジネスのお客様へのアピールや従業員の募集にも、
旧・新関係無く、平等に、お役に立てる仕様になった
っということかも(?)と思います。
さて、これで更に変な業者が増えるかもしれませんね。
低品質な画像でも、高品質な画像でも、同じ表示になる訳なので・・・
“低料金を主な売り”にしているご注意下さいね。
(ちゃんと機材や実画像を確認して下さい)
正統派(笑)としては、黙々と。
お客様の為、そして、お客様の先のお客様の為に、
更に、高品質な画像作成を目指して参ります。

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます。

追伸.
とは言っても、、、
旧)インドアビューのお客様で、
『中を見る』にメリットを見出し導入されたとすれば、
ショックな出来事だと存じます。
その説明を受けたので入れたんだけど?っと。
Google社の仕様変更(サービス変更)において、
表示やサービスの継続性(永続性)について、
Google社側の保証が無いことなどについて、
業者側から一言も説明が無かったら、、、
お察し申し上げます・・・
Google社のサービス故に、現状の動向は、
Google Street View は半永久かな?とも言えますが、
Google社として料金を取っていない上に、
利用規約等を一方的にWebsite上に表記している為、
何時でも仕様変更や、サービス廃止も出来るんですね。
(怖💦)

ICTのコト
@Mineをフォローする
滋賀県のGoogleストリートビュー店内版撮影・パノラマ写真撮影はアットマイン

コメント