バーチャル・リアリティー・サービスを変えて行きます

Googleストリートビュー|全天球360°パノラマ写真|VRツアーの常識・コストを塗り替えて行きます。お気軽にお問合せ下さい!
【受付時間】月-日 8:00-20:00
ほぼほぼOK!

📞077-598-5999

【eMailなら24時間ご利用頂けます】

お問合せ📧はこちらから!

もったいないね・・・orz

おはようございます。アットマイン 辻田 です。
今朝の全国紙地方版で

長浜・菅山寺のケヤキが折れる

っという記事が。
早速、何事かと確認。
・菅原道真が植えたと伝わる
・映画 蟲師 の舞台にもなったことがあるようです
・今は住職さんはいないらしい
Googleストリートビューの撮影~公開の
お仕事をさせて頂いてから、記憶に焼き付いている
のは、2っ目かな?
1つ目は、火災か何かで貴重なモノが消失。
今回は、2っ目。
確かに、写真(平面)で美しく残っているので、
それは、それで美しい。
新聞を見ていても綺麗に写っています。
ただ、もう二度と、
2本のケヤキが凛として立っている
(360°の)全景を見ることは永遠にできません

あぁ~ もったいない!💧

思うのは、この素敵なケヤキの回りも
もしかすると、素晴らしい風景かも?と。
建物や、生物(樹木)は、
いずれ朽ち果てて行くのが定めです。。。
菅原道真が植えたのが同じ時期とするならば、
残りの1本も、後何年~十数年後には倒れちゃうだろう。
こんな由緒ある立派な、後世に残すべき資産を、
国・県・市・町は、どうして、もっと大切に残さないのだろう?
地元の方々のボランティアで”守る”にも、
寿命がある生物・時代を越える建物を、
“残す”ということは・・・どうなんだろう?
流行りのスマホでムービでも良し。
綺麗な一方向からの平面写真でも良し。
パノラマ写真でも良し。
もちろん、Google上に表示がなされる、
Googleストリートビューだと・・・
もっと良しと考えてしまうのは、私だけでしょうか!?
営業的な内容にかかってしまいますが、
Googleストリートビューの写真は著作権の譲渡が行えます。
(面倒なのでやっていない業者さんが大多数)
譲渡を行えば、一番目立つ所に、貴社名や貴方のお名前を
表示させることができます。
そういった意味では、貴殿の身近な由緒ある場所・
歴史的な場所等に、
貴社名や貴殿名でGoogleストリートビューを置く
っということも可能です。
例えば、このお寺のような残すべき場所・地点を、
残して行くとして、ボランティアで滋賀県下(近郊含む)を
走り回ると、ガソリン代だけで真っ赤っかになってしまい、
とてもじゃありませんが・・・金銭的に無理です。
入って来る情報も完全に欠落しています・・・ orz
撮影場所は、本来は、Googleマイビジネスに登録をして、
情報精査時に消えないようにしたいものですが・・・
廃寺や、無住職、管理者すら不在(基本関係無い)場合、
登録が出来ないことも止む得ないとは思います。
*っという事は、Google上から消える可能性もあり
また、キチンとした管理がある場所ならば、
撮影に管理者の許可が必要になって参ります。
これが前提になりますが・・・

「え?当社名の表示で、あの由緒ある場所に、ストビューを残せるの?」
「おっ!あの知られざる有名処に、私の名前表示でストビュー残せるの!?」

っというお気持ちが沸きましたら・・・
お問合せを頂ければと存じます。
もちろん、遊び道具の機材では無くて、
本格Set(笑)の機材を担いで撮影して来ます。
# 10kg程度を担いで歩ける範囲、三脚が置けること限定・・・💧
貴方が見ている・もう一度、見たい・
再訪したいという360°の全景を、、、、
Googleがサービスを続ける限り
Googleに情報が残っている限り
Internetとスマホの環境さえあれば、
貴方の名前で周りの方(海外にも)にも見せられます。
滋賀県だけでも管理者不在の有名処を
撮影~公開するだけでも、、、
私の力だけでは完全に情報不足&資金不足でございます。
m(_ _;m

今日もBlogにお越し頂きありがとうございます。


[続き]

・・・と書いたのがA.M.
これで、終わらすのか?
終わらさないのか?
自問の結果、気になるなら、後悔しそうなら、
ヤッてまえ!っと。

別企画で進めている方のプロダクトで掲載という事で・・・
行ってみました。撮ってみました。

流石に、ここに、マジ物ストビューを撮影に来る人なんて、
超奇特な人だろう・・・
# 意味不明の「勝ってやる!」です(笑)
なお、、、
林道は適当に行くものではありませんね💧
“近道かも?”と道なき道(っというか林道?)を
進むと、とんでもない方角へ・・・💦
iPhoneのGPSはあるものの、流石、林道、
道の表示がない。。。💧
ストビュー機材を持っているので、重くてキツイ・・・
幸い真夏ではありませんので、何とかね。
真夏だったら、、、ゾッとします。
何せ、水も食べ物も持たず徘徊状態なんで。
幸い時間が早めだったので、何とかね。
足は棒で登り坂がキツ過ぎて、何度も休憩。
9割くらいの下り30分の道なき道を、
あ、方角違うわ・・・と思い引き返し、
後で、自分の歳を感じました。
日が暮れて来たら・・・とか、
熊、居ないよね・・・とか、
人間、ピンチの時には、そういう事を思うんですね💧

コメント