Works:Sample バーチャル・ツアー

実は、こちらのサンプルも少し驚きの技術を適用しております・・・
パソコンのマウスや、スマホのタッチで真ん中のロゴの部分だけはズームも写真を回して頂くことも可能です
画面全部を制御するのは比較的簡単ですが、一部だけの制御は見たことない気がいたします...

半歩進むサービス

実は、Googleストリートビューもバーチャル・ツアーのサービスです。
最も導入数が多いバーチャル・ツアーになると思われます。

上下左右が見渡せる写真(画像)を用いたバーチャル・ツアー。

ここ2年程で多くのバーチャル・ツアーやVRサービスと呼ばれるサービスが登場して来ました。
Googleに依存しない独自・自社で提供を行うサービスです。

平面写真や文字を介して"バーチャル・ツアー"と称し紹介を行う表現がありますね。
コンテンツとしてはホームページと同じモノであるため、同じ表現しか行うことができません。

上下左右+ズームが行えるだけではなく、様々な表現や機能を組み込めるのが、
今の(独自)パノラマ・バーチャル・ツアーの最も人気があるところです。

急激な知名度アップ

2020年春、世界を騒がせた新型コロナ...
そこには、新たな切り口で貴方のビジネスを支えるサービスが見えるようになりました。

  • リモートワーク(お家で会議や仕事)
  • お家で過ごそう(宅配・ウェブ呑み会など)
  • バーチャル・リアリティー(バーチャル・ツアー)

時代が動いたWindows95やiPhone3GSが出た感じに似ています。
或いは、ホームページの浸透が一気に進んだ時期。

今まで、"必要ではない"と思われていたサービスが、
メディアで取り上げられるよになり、利便性・使い方が分かり普及する時期。

いよいよ市場に浸透し始めると考えております。
当社は、2017年より研究開発をはじめ数少ない各種カスタマイズを行えます。

自由に・様々

バーチャル・ツアーに表示させるパノラマは実写版だけではなく、コンピュータ・グラフィックスも表示できます。
また、VRとも関連性を持つことができます。

動画の撮影・編集より安価なことが多いです。
更に、今お手持ちのメディア(テキスト、写真、動画など)をバーチャル・ツアー内に収容することもできます。

当社のバーチャル・ツアーの表示を行う環境は、ホームページを見る環境と同じです。
つまり、従来のホームページと一味異なる『バーチャル・ホームページ』は???
そんなサービスだと思っています。

日本では、VR=VRゴーグルもバーチャル・ツアーも同義語となっている感じです。
進んだ国では、概ね VR=VRゴーグル利用,VT=バーチャル・ツアー(ゴーグル不要)という感じです。

@MineのVRは、WebVRです。
これは、既存のホームページを見ているパソコンやスマートフォンのインターネットブラウザー(EdgeやChromeなど)で見る・触ることができるバーチャルツアー・VRツアーのサービス(構築)です。
(スマートフォンを収容する簡易VRゴーグルにも対応しています)
当社は、OEM供給元として複数社様よりご依頼を頂き撮影・画像加工・プログラム開発・バーチャルツアー構築などを行っております。

様々な実績があり、お届けさせて頂いたツアー数は100ツアーを超えております。
小さな町のお店から、県内屈指の大手法人様にも間接的にお届けさせて頂いております。

ここまで独占できる理由は、撮影技術・画像加工技術、そして、少数派の基礎プログラムの適用技術です。
100%合致させることは無理でもOKを頂ける範囲で無数の基礎開発を終えておりますのでコストを抑えた代替案でのご提供が可能です。

また、自社で開発を行うことで画面のハードコピーから表示をさせたい利用範囲まで上位組織にお伺いを立てる必要もありません。
100%、嘘偽りなく、全てがお客様と当社のサービスになるのです。

みんなに優しい・使いやすい・楽しめるVRを。

ご検討の際には、ぜひ、検討会社の一つとして加えて下さい。